頭皮ケア 育毛剤

そもそも頭皮ケアって何をするの?

頭皮ケアと言っても、やるべきことは多種多様
単純に頭皮そのものをケアすることから、髪と頭皮のために生活リズムを整えることも言ってしまえば頭皮ケアなんです
"頭皮のためいい影響を与えること"はなんでも頭皮ケアと言えるんですね
知らず知らずのうちにとった行動が頭皮ケアになっていた、ということも全然あるんです

 

とはいえ、知らずのうちにとった頭皮ケアは結果として表れません
頭皮ケアに必要な期間で言いましたが、頭皮ケアは続けてこそ初めて結果がでてきます
たまたま思いついた頭皮ケアをやったって、長く続きません。ゴールがない上に分からないですから
続かない頭皮ケアは、焼け石に水のようなもの。すぐに乾いて何も残りません
どうせやるなら、簡単にできて長続きする"結果の出る頭皮ケア"の方がいいですよね

 

そして、多種多様にある頭皮ケアの代表的な行動は、育毛です
少し前までは、育毛は40代に入ってから、早い人でも30代中盤以降くらいから始める・・・はずなんですが、今は20代でも薄毛抜け毛で悩む人も増えました
今では女性の10人に1人は薄毛や抜け毛で悩んでいると言われているほどです
原因は多々ありますが、ストレス、生活習慣など昔以上に負担が増える環境が多く見られることからだと言われています

 

髪は見た目を作る重要な体の一部。第一印象をよくするため、若く見せるためにも健康を保っていたいところ
そのためにも育毛は、頭皮ケアの中でもやっておかないといけない、避けては通れない道になってしまうんですよね・・・

 

そこで、育毛剤の出番です。必要あるの?と思われるかもしれませんが大いに必要あります
原因を改善していくことも頭皮ケア、頭皮そのものを健康にしていくことも頭皮ケア
どちらもマイナスを消していく行動であって、プラスに作用するわけではありません
髪にいい栄養成分の摂取もプラスへの作用ではありますが、直接影響はなくどっちかというとサポートとしての役割になります
メイン成分として直接髪に対して効果を持たせるのが育毛剤です