頭皮ケア 育毛剤 食生活

頭皮ケアに必要な"本当の食事"

髪と頭皮にとって、栄養は必要不可欠
ですが頭皮と髪に対して、送られる栄養の優先度は最後。体全体が栄養不足になると、すぐに栄養は回されなくなってしまいます
そのため、栄養不足はイコール頭皮ケアの敵になります

 

どういう食生活を送ることが、頭皮ケアになるのでしょうか?
髪に良い成分というと、海藻などのヌルヌル成分を持つ食べ物が挙がります
しかし、元々海藻類の頭皮ケアへの影響はサポート役といった程度で、直接効果があるというわけではありません

 

「保水・保湿効果が高い」「髪に弾力を与える」「髪の光沢が変わる」

 

こうした効果は、髪と頭皮そのものを変えるわけではないので、メインではなくサポートになるんですね
もちろん食べるに越したことはないのですが、これだけを食べていればいいわけではないので、逆に食べ過ぎには注意です

 

頭皮ケアに重要な栄養は、今の人が不足しやすい栄養素

 

海藻類ではなく取りたい栄養・成分は硫黄が入っているアミノ酸である含硫アミノ酸を含む、たんぱく質です
ただのたんぱく質ではなく、含硫アミノ酸が入ったたんぱく質である理由は、髪が作られる過程にあります

 

髪の原料になるのは、たんぱく質であるケラチン。更にケラチンの原料になるのが含硫アミノ酸です

 

食品>含硫アミノ酸>ケラチンを含むたんぱく質>髪

 

という流れで作られる髪の過程を正しく流していくことができます
含硫アミノ酸を取れていないと、ケラチンが作られなくなります。ケラチンそのものは食事からも取れますが、体内でも作れていたほうがより安定します
食事に依存すると、いざケラチンは足りなくなると知らず知らずのうちに生産能力が足らなくなることも・・・
そんな状態にしないため、たんぱく質で量を蓄え、含硫アミノ酸で生産力を上げしっかりとした髪を生み続けることが大切です

 

もう1つに、ビタミン、ミネラルなど現代で不足しやすい成分も頭皮ケアの重要な役割を担います
上でも書いたように、頭皮と髪に送られる栄養は一番最後。それなりに摂取できていたとしても、他の場所に栄養を取られていくと、体全体では不足していなかったとしても頭皮ケアを行うために足らなくなることは全然あります
特に必要なビタミン、ミネラルは皮膚の新陳代謝を活発化し、細胞活性を助けるビタミンB2やB6などのビタミン類、たんぱく質を作る時に必要な亜鉛、セレニウム、カルシウム、銅、ヨード、鉄、特に亜鉛を摂取するべきところ

 

他にも、皮脂を過剰分泌させる可能性のある肉類も、多く食べている人は控えたほうがいいですね

 

・含硫アミノ酸を多く含む食品
 大豆
 かつお
 レバー

 

・ビタミンB2を多く含む食品
 レバー
 うなぎ
 納豆
 卵

 

・ビタミンB6を多く含む食品
 レバー
 まぐろ
 かつお

 

・亜鉛を多く含む食品
 牡蠣(カキ)
 うなぎ
 牛肉(もも肉)、
 レバー(豚・鶏)
 納豆

 

特に注目すべきなのは、含硫アミノ酸の3種類。特に大豆はアミノ酸だけではなく、ビタミン、ミネラル共に含まれるのでオススメ
他にはレバー、かつお、納豆(大豆に入るかもしれませんが)なども多く栄養を備えているのであり
これらの食品からバランスを考えて、献立にしてみるとそれだけで立派な頭皮ケアになるんですね

 

頭皮ケアを行うための食生活のまとめ

 

・含硫アミノ酸を含むタンパク質が頭皮ケアのメイン
・海藻類はメインではなく、サポート。あれば食べればいいけど、気にしすぎる必要なし
・食事で重要なのはバランス。食品を3つ、4つ挙げて偏らないようにする
・肉類は食べ過ぎに注意。皮脂は増えると頭皮ケアの邪魔に